風 と ケーナ の ロマンス。 『風とケーナのロマンス』: Martin古池の 「街角の歌芸人」

「風とケーナのロマンス」の楽譜/ホセ・ラミレス・トーレス/メロディー譜

風 と ケーナ の ロマンス

クレストの収容人数が 60人ということで、これは開催厳しいなと思ってましたが。 逆に何回もしよう、今日はいっぱいしよう、寝かさないぞ、という発想になりました。 というわけで昼のクレストも押さえました。 ( 1公演 90分予定)あとまた超換気します。 遠慮なくメールにてご連絡ください。 (が、時間帯によっては満員になってしまい動かせない場合もあるかもしれません。 その場合は相談させてください。 ) 特別な事情がない場合は該当の時間帯にお願い致します。 アーカイブも期間限定で残します。 また体調の悪い方はご来場ご遠慮ください。 クレストの規定として入場時に検温と氏名・連絡先などのご記入にご協力ください。 撮影します!! 1日 3ワンマンの模様に密着したドキュメンタリー要素も入れたライブ DVDにします。 ご自身が盛り上がっているところも映ってるといいな、といった方もいらっしゃるかもですが、基本はバンドの演奏のみで、お客様が正面や横から映らない方向で撮影します。 そのかわり、ワンマン参加記念として当日フォトスポットをご用意します。 なので限定ガチャとかもないです。 ワンマン限定グッズはございますが、 3公演目の方が買えないなどの売り切れがないよう受注生産とします。 あらかじめご注文の上、当日物販にお越しいただければお渡しいたします。 お買い求めください。 ごめんなさい。 現在他候補地や日程など検討しておりますが、万が一難しかった場合はクラファンでの BBQは返金致します。 その場合改めて告知ならびに支援者様にはメールをいたします。 そして、みんなで BBQがしたいよなあ!と永遠に歌い続けるバンドとなります(涙) 【ガチのお願い】 これは本気のお願いなのですが、払い戻しをしていないけど ・行けなくなった ・たぶん行けない といった お客様はメールをください!! その際にチケットの整番も併せて教えていただきますようお願いいたします。 実は、チケットを買ってくれた方が全員ご来場した場合、定員オーバーです。 なので来れない方はあらかじめ遠慮せず言ってください。 遠慮なくメールにてご連絡ください。 com.

次の

ロマンス&バカンス OFFICIAL WEB SITE

風 と ケーナ の ロマンス

この楽譜は小学校の音楽教科書掲載曲を、そのままフィギャーノートで表した楽譜です。 教科書に複数パートある場合は、パートごとの楽譜にわかれています。 フィギャーノートとは「だれでも演奏できるようになる」という理念のもとに、フィンランドで開発された、ユニバーサルデザインの楽譜です。 楽譜を色と形で表しています。 楽器に対応するステッカーを貼ったり、鍵盤シートをおいて演奏します。 初めての方は「フィギャーノート説明書」 と 「ピアノ・キーボード用けんばんシート」 または、楽器用シールが必要です。 楽器用シール、印刷物の楽譜や鍵盤シートなど、郵送品はこちらでお求め頂けます。 saleshop. jp *リコーダー専用譜に限り、鍵盤シートや楽器用シールは不要です。 フィギャーノートはフィンランドで特許を取得し、教育やセラピーで広く使われ、海外でも利用が広がっています。 日本では、使用権・プロモート件を江差福祉会あすなろ学園が所有しています。 HappyMuseは開発者と権利者の許可のもとで、五線譜に変わる次世代の楽譜としてフィギャーノートの普及活動を行なっています。 このシステムとデザインの無断利用、改変やデザインの一部流用などは固くお断りいたします。 指導者向けには研修会を、利用したいまたは関心のある方向けには体験会を実施していますのでお気軽にご参加ください。 正しい使い方を守ってのご利用をお願いいたします。 教科書著作権協会および楽曲権利者より使用許諾済み.

次の

風とケーナのロマンス ♪ : ケナ クンパ

風 と ケーナ の ロマンス

風とケーナのロマンス Romance De Viento y Quena フォルクローレ/ケーナよ歌え 風の息吹に燃えあがる恋をのせて 『風とケーナのロマンス Romance De Viento y Quena』は、ギタリストのホセ・ラミレス・トーレス作曲によるフォルクローレの定番曲。 ケーナ愛好者にも人気が高く、コンサートなどでの演奏機会も多い。 とある伝説によれば、これはフォルクローレ『風とケーナのロマンス』の背景にもなっているようだが、ケーナという楽器には、身分違いの恋に苦しんだ二人の男女の哀しい物語があるようだ。 インカ帝国の遺跡マチュ・ピチュ(Machu Picchu) むかしむかし、15世紀前後に南アメリカで栄えたインカ帝国にはケーナという美しい皇女がいたそうな。 年頃の皇女ケーナは、皇族を守る青年の兵士に恋をしたが、身分の違いに二人の恋は引き裂かれ、兵士は遠くの地へ追放されてしまった。 恋人を失った悲しみのあまり、皇女ケーナは病を患い、そのまま命を落としてしまった。 彼女の死は、追放された青年には知らされることはなかった。 数年後、青年が皇女ケーナのいた地へ戻ってくると、そこで初めて彼女が亡くなったことを知らされ、青年は大変嘆き悲しんだ。 彼女の墓を訪ねると、彼女の遺骨が風を受けて、まるですすり泣くかのように物悲しい音を立てていたという。 青年は、風を受けて悲しく鳴くその骨を拾い上げ、笛のように楽器に見立てながら、皇女ケーナとの叶わなかった恋をしみじみと思い返しながら、彼女への弔いの歌を捧げるのだった….

次の