ロジクール ゲーム ソフトウェア。 Logicool G433のドライバのインストールから設定方法を解説

LogicoolゲームソフトウェアをDLしてカスタマイズする方法!LogicoolGゲーミングマウスやキーボードを購入した人へ

ロジクール ゲーム ソフトウェア

オススメの理由としては、素晴らしいコストパフォーマンスが目に入ります。 左右のクリックと、左右にサイドボタンが2個ずつ。 ホイールクリックにマウス中央のボタンが2個あり、普通にプレイするには十分と言えるボタン数が搭載されています。 マウス内のオンボードメモリには3つまで設定セットを登録できるので、複数ゲームのプレイにも対応しています。 これだけの性能で、とても気軽なお値段というのも注目ポイントです。 センサー感度こそ最近の高性能マウスに比べれば劣るためにガチプレイには向かないとは思いますが、それでも2500dpiあるため、ゲーミングマウスを持ったことがない人が最初に持つにはとてもオススメできると思います。 このマウスを基準に、自分のプレイにはさらにどんなマウス性能が欲しいか考えてみる、というのもありだと思います。 マクロを組むことができる等、カスタマイズに富んだゲーミングマウスになっているため、MMORPGなどをメインでプレイされている方にはおすすめの一品です。 有線なので応答速度のラグの心配もなく、8個のプログラマブルボタンのおかげで、FPSでよくあるグレネードやスモークなどの投げモノやスキルキーなどを登録することができるので、左手でする操作を減らすことができ移動や弾除けに集中することができる点は魅力的です。 さらに、DPIを4つ設定することができので、敵との距離に応じて即座に感度を変更できるのはSRなどを使用する方はかなり助けられるかもしれません。 また形状がフィットしやすく、多少荒くマウスを操作してもずれることが無いようなマウスです。 サイズ感は大きすぎず、小さすぎずといった感じなので、男性女性問わず使っていただけると思います。 値段も飛びぬけて高いわけではないので、学生でも手に入れやすいのも魅力です。 高精度のセンサーである「HERO16K」を搭載したハイパフォーマンスマウスになっています。 重量は87gまで軽量化されつつ、10gの取り外し可能なウェイトを備え、最適な重量調整を行える設計がなされています。 疲労を感じさせないエルゴノミクスデザインで、左右側面にラバーグリップを装備し、滑り止めと操作性の向上を実現しています。 何よりもデザインがほかのゲーミングマウスに比べシンプルなので、万人受けする形ではあるかなと思います。 ゲーミングマウスの形にこだわりがある人以外、初めてマウスを買う方やどの形がいいか迷っている方にはおすすめできます。 またクリック感がかなり軽いのでFPSゲーマーの方に特におすすめです。 敵を見つけ反応したとほぼ同時に撃てるのはかなり強いかと思います。 まずオススメなのはその圧倒的な軽さです。 本体重量が約80gしかなく、まるで手と一体化するような操作感をしています。 プロのFPSプレイヤーは比較的ローセンシプレイヤーが多く、マウスを大きく動かす必要があり、そのために軽いマウスのほうが手や腕に負担がかからず最大のパフォーマンスができます。 現にこのマウスは多数のプロeスポーツプレイヤーと共に2年以上の歳月をかけて開発されました。 また、左右対称のデザインになっており、右利き左利きかかわらず、どのような持ち方にも対応しています。 サイドボタンの方向も変えることができるため、多くの人の手にフィットすることでしょう。 さらに無線なのでストレスを感じることはありません。 搭載されている「HERO16K」というセンサーはロジクール史上最高のトラッキング精度を誇っていて、操作のパフォーマンスも良好です。 11個のボタンには「Logicool G HUB」というソフトウェアを使うことで、よく使うコマンドやマクロを設定することができます。 他のマウスより数の多いボタンは、建築操作などで忙しいFortniteや、FF14のようなMMORPGにも最適です。 自分好みのボタン設定に変えることができるためFPS以外のゲームにも最適でしょう。 設定プロファイルをマウスに保存すれば、いつでもどこでも自分のプレイ環境を整えることができるので便利だと思います。 また、マウスにウェイトが付属しており、それの個数や位置を調整することによって、マウス本体の重量感を自分好みに調整することができます。 自分の手首に一番しっくりくるように調整できるというのは、細かくこだわる方には非常にうれしいところです。 本体重量が約113gあり、付属されている6個のウェイト(4gx2、2gx4)をG502WLに配置することによって最大約129gまで変化させることができます。 最高峰のハードウェアとソフトウェアが融合した素晴らしいゲーミングマウスであり、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出してくれます。 マウスの発光部の色を自分で約1,680万色の中から好みの色を選択できる点もこういったゲーミングデバイスにこだわりを持つ者としてはうれしいです。 オススメの理由は何と言っても、その多ボタンによるカスタマイズ性能です。 MMOにオススメと公式が 謳 うたうだけあり、画面上のさまざまなボタンやコマンドを、設定次第で右手1つで済ませてしまえるようになる手軽さは、エンドコンテンツのような一瞬の操作ミスや遅れが命取りになる場所での本気プレイはもちろん、通常プレイ内での煩雑な操作を省略できるという、遊びやすさ改善の面でも絶大な効果を発揮します。 ゲームに限らず、Windows上のショートカットを登録すれば、コピーやペースト、やり直しなど、1ボタンで済ませられるようになる、シーンを選ばない有用性が光ります。 付属のソフトウェアで、どのボタンにどんな操作をさせるかも細かく登録可能で、「このプログラムを起動しているときにはこの設定が自動で立ち上がる」というような設定も可能です。 マウス左面のボタンにはライトが内蔵されていて目に楽しいだけでなく、事前に設定しておけば今どんなモードが選ばれているか一目でわかる、デザインと機能性を両立した仕様になっています。 ゲーミングだけでなく、普段使いにもおすすめできる一品です。 少々値は張りますが、値段以上の価値があると強く思います。 有線のほうが個人的にはおすすめなのですが、「無線でなければいやだ」という人にはこのマウスがお勧めです。 単三電池2本で低電力モードなら一年くらいは使え、高パフォーマンスモードでも500時間は持ちます。 複数のデバイスなどへの接続の切り替えも楽にできます。 6個のプログラマブルボタンがあるので、いくつかのスキルや投擲のコマンドを登録もできます。 有線などのこだわりがない方はこちらのマウスもかなり良いかもしれません。 このマウスの強みは、16000dpiという超高感度センサーにあると思います。 このセンサーの能力によって、マウス移動の精密操作が実現され、それによる正確なエイムを力強くサポートしてくれます。 FPSプレイヤーにとって、機器がどれだけ感覚に素直に応えてくれるのか、という点はとても重要なのではないかと思います。 カスタマイズ可能なボタン数は6つと少な目なものの、それは汎用性を捨ててゲーミングに特化するという思想の具現化なのでしょう。 付属のウェイトにより、マウスの重量もコントロール可能で、手へのフィット感もプレイヤーがカスタマイズできます。 ワイヤレスでは不安に思えるレスポンスも、プロゲーマーが太鼓判を押すほどのスピードを持っています。 無線マウスと聞くと遅延が気になる人も多いと思いますが、このG703dは有線を超える反応速度で、遅延が一切感じられません。 バッテリーの持ちも、たとえ丸一日プレイしてもまだまだ余裕という省エネっぷり。 決して安くはなく、普段使いにはその性能を持て余すと言えますが、プレイングの高みを目指すゲーマーたちにとっては、とても大きな力となるマウスだと思います。 この驚異的なパフォーマンスを持つマウスの重量は110gであり、重量にも妥協がありません。 さらに驚くべきはバッテリーの駆動時間です。 このマウスに搭載されているHEROセンサの効率はライトをフルに機能させた状態で、なんと最大140時間のゲームプレイに耐えられます。 オプションのワイヤレス充電システム「POWERPLAY」を用いれば、プレイ中であっても常に充電が可能になり、バッテリーの心配は不要になります。 また、利き腕に左右されない左右対称のエルゴノミクスデザインも嬉しいですね。

次の

【2020年最新】ロジクールのゲーミングマウスおすすめ10選<決定版>

ロジクール ゲーム ソフトウェア

Logicoolゲームソフトウェアとは? Logicool G HUBが導入されるまで展開されていた、ゲームデバイス設定ソフトです。 詳しい「」は、別記事で詳しく解説しています。 Logicool G HUBのダウンロード まず下のボタンから「 Logicool G HUB」に移動します。 Logicool G HUBに移動したら「download(WINDOWS用)」を選択します。 exe」を実行します。 最初の画面の説明を確認し「次へ」進みます。 設定に関する説明を確認し「次へ」進みます。 画面の指示に従い「G HUBを起動」を選択します。 従来のLogicoolゲームソフトウェアがインストール済みの場合に表示される画面です。 画面中央の「はい」もしくは「後で行う」を選択し、Logicool G HUBの設定に移ります。 Logicool G HUBの設定方法 この記事の内容は、自身が使用している「 Logicool G ゲーミングマウス」で検証しています。 はじめに Logicool G HUBを起動したら、右上の「歯車マーク」を選択します。 ここでは自動起動の設定や持続プロファイル、言語などの設定が可能です。 前の画面に戻り、製品の画像を選択すると設定画面が表示されます。 ここで再び「歯車のマーク」を選択します。 するとマウスの詳細設定へと移りますから、図示した位置を選択します。 ただしこのオンボードメモリモードは、柔軟な設定が行えないモードです。 そのため基本的には「オフ」であることを確認し、製品画像の上のボタンで画面を閉じます。 LIGHTSYNC設定 ここではマウスのLEDライトに関する設定が行なえます。 この項目に限らず、左上の鍵マークは「 設定の固定化」を意味しています。 割り当て設定 ここではマウスのボタン割り当てに関する設定を行います。 ボタンを割り当てる操作は下記のとおりです。 1:割り当てたい機能を、左上にある各項目のタブから選択する 2:右側のマウスのボタンから、任意の位置を選択する 3:左側の機能一覧から、任意の機能を選択する ちなみにこの割り当て画面では、左上のロックを外します。 またGシフト対応デバイスの場合は、マウス下部のスライダーを「 Gシフト」にすることでGシフト時の設定が行えます。 感度(DPI)設定 ここではマウスの感度に関する設定を行います。 まずオレンジのマークが「 削除不可能な感度」ですから、任意の数値までドラッグします。 オレンジ以外の感度が不要な場合には、丸のマークをドラッグして外に出します。 感度を変更しない場合には、このように設定感度をひとつにしておくと良いでしょう。 最小化の設定 自身がずっとロジクールのマウスを選択してきた理由は、ボタンに「 最小化」を設定できることでした。 最小化の操作はキーボードのショートカットでも行えますが、 ロジクールの場合はソフトを選ばないことに加え誤爆が少ないことが大きな利点です。 しかしこの「Logicool G HUB」では、遂に最小化の設定が消失。 そこで自身が代用として設定している、比較的安定しやすい2つの最小化マクロを紹介します。 Altキー式 Windowsキー式 ゲームの登録方法 応用となる「」は、別記事で詳しく解説しています。 お得なゲーミングPCを探す.

次の

ロジクールG HUBアドバンスト ゲーミング ソフトウェア、RGB & ゲームプロファイル

ロジクール ゲーム ソフトウェア

オススメの理由としては、素晴らしいコストパフォーマンスが目に入ります。 左右のクリックと、左右にサイドボタンが2個ずつ。 ホイールクリックにマウス中央のボタンが2個あり、普通にプレイするには十分と言えるボタン数が搭載されています。 マウス内のオンボードメモリには3つまで設定セットを登録できるので、複数ゲームのプレイにも対応しています。 これだけの性能で、とても気軽なお値段というのも注目ポイントです。 センサー感度こそ最近の高性能マウスに比べれば劣るためにガチプレイには向かないとは思いますが、それでも2500dpiあるため、ゲーミングマウスを持ったことがない人が最初に持つにはとてもオススメできると思います。 このマウスを基準に、自分のプレイにはさらにどんなマウス性能が欲しいか考えてみる、というのもありだと思います。 マクロを組むことができる等、カスタマイズに富んだゲーミングマウスになっているため、MMORPGなどをメインでプレイされている方にはおすすめの一品です。 有線なので応答速度のラグの心配もなく、8個のプログラマブルボタンのおかげで、FPSでよくあるグレネードやスモークなどの投げモノやスキルキーなどを登録することができるので、左手でする操作を減らすことができ移動や弾除けに集中することができる点は魅力的です。 さらに、DPIを4つ設定することができので、敵との距離に応じて即座に感度を変更できるのはSRなどを使用する方はかなり助けられるかもしれません。 また形状がフィットしやすく、多少荒くマウスを操作してもずれることが無いようなマウスです。 サイズ感は大きすぎず、小さすぎずといった感じなので、男性女性問わず使っていただけると思います。 値段も飛びぬけて高いわけではないので、学生でも手に入れやすいのも魅力です。 高精度のセンサーである「HERO16K」を搭載したハイパフォーマンスマウスになっています。 重量は87gまで軽量化されつつ、10gの取り外し可能なウェイトを備え、最適な重量調整を行える設計がなされています。 疲労を感じさせないエルゴノミクスデザインで、左右側面にラバーグリップを装備し、滑り止めと操作性の向上を実現しています。 何よりもデザインがほかのゲーミングマウスに比べシンプルなので、万人受けする形ではあるかなと思います。 ゲーミングマウスの形にこだわりがある人以外、初めてマウスを買う方やどの形がいいか迷っている方にはおすすめできます。 またクリック感がかなり軽いのでFPSゲーマーの方に特におすすめです。 敵を見つけ反応したとほぼ同時に撃てるのはかなり強いかと思います。 まずオススメなのはその圧倒的な軽さです。 本体重量が約80gしかなく、まるで手と一体化するような操作感をしています。 プロのFPSプレイヤーは比較的ローセンシプレイヤーが多く、マウスを大きく動かす必要があり、そのために軽いマウスのほうが手や腕に負担がかからず最大のパフォーマンスができます。 現にこのマウスは多数のプロeスポーツプレイヤーと共に2年以上の歳月をかけて開発されました。 また、左右対称のデザインになっており、右利き左利きかかわらず、どのような持ち方にも対応しています。 サイドボタンの方向も変えることができるため、多くの人の手にフィットすることでしょう。 さらに無線なのでストレスを感じることはありません。 搭載されている「HERO16K」というセンサーはロジクール史上最高のトラッキング精度を誇っていて、操作のパフォーマンスも良好です。 11個のボタンには「Logicool G HUB」というソフトウェアを使うことで、よく使うコマンドやマクロを設定することができます。 他のマウスより数の多いボタンは、建築操作などで忙しいFortniteや、FF14のようなMMORPGにも最適です。 自分好みのボタン設定に変えることができるためFPS以外のゲームにも最適でしょう。 設定プロファイルをマウスに保存すれば、いつでもどこでも自分のプレイ環境を整えることができるので便利だと思います。 また、マウスにウェイトが付属しており、それの個数や位置を調整することによって、マウス本体の重量感を自分好みに調整することができます。 自分の手首に一番しっくりくるように調整できるというのは、細かくこだわる方には非常にうれしいところです。 本体重量が約113gあり、付属されている6個のウェイト(4gx2、2gx4)をG502WLに配置することによって最大約129gまで変化させることができます。 最高峰のハードウェアとソフトウェアが融合した素晴らしいゲーミングマウスであり、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出してくれます。 マウスの発光部の色を自分で約1,680万色の中から好みの色を選択できる点もこういったゲーミングデバイスにこだわりを持つ者としてはうれしいです。 オススメの理由は何と言っても、その多ボタンによるカスタマイズ性能です。 MMOにオススメと公式が 謳 うたうだけあり、画面上のさまざまなボタンやコマンドを、設定次第で右手1つで済ませてしまえるようになる手軽さは、エンドコンテンツのような一瞬の操作ミスや遅れが命取りになる場所での本気プレイはもちろん、通常プレイ内での煩雑な操作を省略できるという、遊びやすさ改善の面でも絶大な効果を発揮します。 ゲームに限らず、Windows上のショートカットを登録すれば、コピーやペースト、やり直しなど、1ボタンで済ませられるようになる、シーンを選ばない有用性が光ります。 付属のソフトウェアで、どのボタンにどんな操作をさせるかも細かく登録可能で、「このプログラムを起動しているときにはこの設定が自動で立ち上がる」というような設定も可能です。 マウス左面のボタンにはライトが内蔵されていて目に楽しいだけでなく、事前に設定しておけば今どんなモードが選ばれているか一目でわかる、デザインと機能性を両立した仕様になっています。 ゲーミングだけでなく、普段使いにもおすすめできる一品です。 少々値は張りますが、値段以上の価値があると強く思います。 有線のほうが個人的にはおすすめなのですが、「無線でなければいやだ」という人にはこのマウスがお勧めです。 単三電池2本で低電力モードなら一年くらいは使え、高パフォーマンスモードでも500時間は持ちます。 複数のデバイスなどへの接続の切り替えも楽にできます。 6個のプログラマブルボタンがあるので、いくつかのスキルや投擲のコマンドを登録もできます。 有線などのこだわりがない方はこちらのマウスもかなり良いかもしれません。 このマウスの強みは、16000dpiという超高感度センサーにあると思います。 このセンサーの能力によって、マウス移動の精密操作が実現され、それによる正確なエイムを力強くサポートしてくれます。 FPSプレイヤーにとって、機器がどれだけ感覚に素直に応えてくれるのか、という点はとても重要なのではないかと思います。 カスタマイズ可能なボタン数は6つと少な目なものの、それは汎用性を捨ててゲーミングに特化するという思想の具現化なのでしょう。 付属のウェイトにより、マウスの重量もコントロール可能で、手へのフィット感もプレイヤーがカスタマイズできます。 ワイヤレスでは不安に思えるレスポンスも、プロゲーマーが太鼓判を押すほどのスピードを持っています。 無線マウスと聞くと遅延が気になる人も多いと思いますが、このG703dは有線を超える反応速度で、遅延が一切感じられません。 バッテリーの持ちも、たとえ丸一日プレイしてもまだまだ余裕という省エネっぷり。 決して安くはなく、普段使いにはその性能を持て余すと言えますが、プレイングの高みを目指すゲーマーたちにとっては、とても大きな力となるマウスだと思います。 この驚異的なパフォーマンスを持つマウスの重量は110gであり、重量にも妥協がありません。 さらに驚くべきはバッテリーの駆動時間です。 このマウスに搭載されているHEROセンサの効率はライトをフルに機能させた状態で、なんと最大140時間のゲームプレイに耐えられます。 オプションのワイヤレス充電システム「POWERPLAY」を用いれば、プレイ中であっても常に充電が可能になり、バッテリーの心配は不要になります。 また、利き腕に左右されない左右対称のエルゴノミクスデザインも嬉しいですね。

次の